精選ナノ通信

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

ゲーム実況MCを目指す専門学校が登場 就職先はどこだ

  更新日:2015/03/07   ゲームニュース

gamer01

e-sportsと呼ばれるゲームの世界大会をご存知ですか?複数のプレイヤーが対戦方式のコンピュータゲームで腕を競う大会です。競技人口は5500万人を超え、アマチュアからプロゲーマーまで参加しています。

このe-sportsで活躍できるプロゲーマーを育成するための専門学校が立ち上がるようだ。東京アニメ・声優専門学校が新たな専門課程「e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド」を設立するとのこと。プロゲーマーやゲーム実況・MCを仕事にするための知識や技術を習得できる課程になっている。

この専門課程とe-sportsについて詳しく調べてみました。


スポンサード リンク

専攻の種類と就職先

募集要項ページ』によると、専門課程は4種類の専攻があるようだ。就職先についても大まかに記載されていた。

e-sports 総合プロゲーマー専攻
ゲームの戦略や戦術を学ぶ。プロゲーマーやゲームチームのマネージャーへの就職を目指す。

e-sports ビジネス&宣伝プロモーション専攻
ビジネスの基礎知識とマーケティング術を学ぶ。ゲームメーカー、イベント会社、マーケティング企業への就職を目指す。

e-sports ゲーム実況・MC&声優専攻
プロの実況者や司会者からゲーム実況の知識や技術を学ぶ。ゲーム実況者、MCへの就職を目指す。

e-sports イベント&テクニカルスタッフ専攻
ゲーム大会を企画・運営するための知識や技術を学ぶ。e-sports大会のプロデューサー、ディレクター、テクニカルスタッフへの就職を目指す。

この中で最も就職率の高そうな専攻について考えてみました。

就職率の高そうな専攻はここだ!

私個人の考えで、就職率の高そうな専攻ランキングを付けてみます。

第四位

e-sports 総合プロゲーマー専攻

e-sportsの競技人口は5500万人を超えています。その中で、プロにまで上り詰めるのは難しいと思います。1つのゲームを何千時間も練習する精神力が必要です。

年収が1億を超えるプロゲーマーもいます。とても夢のある仕事ではあります。

第三位

e-sports ゲーム実況・MC&声優専攻

プロゲーマーほどではありませんが、こちらもハードルが高い気がします。

少し話は脱線しますが、ゲーム実況にも種類がありますよね。宣伝目的の実況と、ゲーム大会などの試合の解説実況です。宣伝目的の実況の場合、実況者自身に人気があるかどうかも重要です。ニコニコ動画の人気実況者は、面白いから有名になったわけです。宣伝効果はありそうです。

一方、大会などの試合解説なら、そのゲームに精通している人の実況だと場が盛り上がります。実況者自身の人気はあまり重要ではないと考えます。

第二位

e-sports イベント&テクニカルスタッフ専攻

三位以下と比べると、かなりハードルが下がったように思います。e-sportsの競技種目は7種類(FPS、格闘ゲーム、スポーツゲーム、レーシングゲーム等)に分類されます。種目となっているゲームタイトルも多いので、イベント系の仕事の就職先はありそうです。

第一位

e-sports ビジネス&宣伝プロモーション専攻

ゲームメーカーからイベント会社、マーケティング企業と就職先が多そうです。

「e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド」について詳しく知りたい方は、募集要項ページから資料請求できます。

e-sportsについて

冒頭でも軽く触れましたが、より詳しくご紹介します。

e-sportsとはエレクトロニック・スポーツの略称です。eスポーツとも呼ばれています。高額な賞金がかけられた大規模な大会も開催されています。

競技種目

e-sportsは以下の種目に分けられます。

FPS
RTS
MOBA
格闘ゲーム
スポーツゲーム
レーシングゲーム
パズルゲーム

格闘ゲームには「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」や「鉄拳シリーズ」、「ストリートファイターシリーズ」などが採用されています。日本人にもよく知られているゲームタイトルですね。格闘ゲームのプロゲーマーとして有名な日本人は梅原大吾(愛称:ウメハラ)さんです。

スポーツゲームには「FIFAシリーズ」、レーシングゲームには「グランツーリスモシリーズ」、パズルゲームには「ぷよぷよシリーズ」が採用されています。

誰もが知っているようなタイトルがe-sportsの大会で開催されています。

日本で普及しているの?

eスポーツは、欧米でテレビ中継されるほどの盛り上がりを見せています。しかし、eスポーツという名前を聞いたのは初めてだという方が多いでしょう。残念ながら日本ではあまり定着していません。

家庭用ゲームやアーケードゲームが早い段階で普及したため、PCゲームのプレイ人口は少ないです。そのため、PCゲームが主な競技種目であるeスポーツは、あまり注目されなかったのです。

日本でeスポーツを広めるにはどうすればよいのか?ゲームメーカーの協力やスポンサー企業が必要だと思います。もっとeスポーツの競技種目タイトルを増やしたり、賞金がかけられた大会も必要でしょうね。

まとめ

私はオンライン対戦が苦手なので、eスポーツ(e-sports)について全く知りませんでした。コンシューマゲームの活発化に旨く利用できれば良いですね。

趣味のゲームを仕事にするのは厳しい…。プロゲーマーたちは、ゲームを仕事とは見ていないのかもしれません。

 - ゲームニュース

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

積みゲーの原因は予約特典のせい

こんにちは、ナノハです。 皆さんは、積みゲーで悩んだことはありますか?私は、現在 …

モンハンストーリーズの発売日と予約はいつ?3DSで初RPGに挑戦

カプコンは2015年4月12日、「モンスターハンターフェスタ15決勝大会」の会場 …

ファミ通はBOOKWALKERで特典付きを安く買える

こんにちは、ナノハです。 電車に乗ると、スマホで電子書籍を読んでいる人を見かけま …

ゲーム実況MCを目指す専門学校が登場 就職先はどこだ

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

Copyright© 精選ナノ通信 , 2015 All Rights Reserved.