精選ナノ通信

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

集中力が上がる!仕事や勉強の直前に行う脳トレ法

  更新日:2017/02/27   ライフハック

notore01
仕事や勉強の前に3分間だけ脳のトレーニングをするだけで、集中力記憶力が向上する方法があります。紙とペンさえあればすぐに試せます。試験勉強をはじめる前や会議の前に行うのも効果的です。

では、さっそく脳トレーニングの方法を詳しくご紹介します。

集中力、記憶力を上げる脳のトレーニング方法

暗算

紙とペンを用意して、紙に計算式を書いて暗算で答えを求めるトレーニング方法です。

例として、次のような計算式をご用意しました。
notore02
隣り合う数字どうしを計算して、最終的に□の中の?の数字を暗算で求めます。例では、3+7=10、7+6=13となり、10+13=23が□の?の答えになります。これを暗算で出来るだけ速く求めることが重要です。問題を10問ほど用意して毎日継続して暗算をしましょう。

慣れてきたら、引き算バージョンもやってみたり、足し算引き算のミックスバージョンもやってみましょう!
さらに次のステップとして、数字の数を3つから4つ、5つへと増やすことも目指しましょう。

最終的には、このような複雑な計算も短時間で暗算が可能になれば、あなたの記憶力や集中力は以前と比較にならないほど向上しているはずです!
notore03

スポンサード リンク

黙読

現代文でもかまいませんが、より効果が期待できるのは古典です。枕草子や源氏物語、方丈記などの作品を2~3分の間に黙読で出来るだけ速く読んでみましょう。速く読むほど、脳の前頭前野が活性化します。

※音読できる環境であれば、音読をする方がより効果的です。

なぜ、暗算と黙読なのか

人間は脳の前頭前野が非常に発達しています。前頭前野は創造性積極性、他者とのコミュニケーション能力、物事を複数同時に行う能力などを司っています。つまり、前頭前野を活発化させることは、これらの能力が向上することを意味しています。

前頭前野は、文字を読むこと、簡単な計算をすることにより活発化します。特に、暗算は短期記憶力を使うので前頭前野がより活発化します。また、現代文ではなく古典を黙読することで、左脳の前頭前野がより活発化します。よって、暗算と黙読を継続して行うことで

  • 脳の基礎体力の維持・向上
  • 集中力、記憶力の向上
  • 判断力、処理能力の向上

が狙えます。2分間の音読や暗算を行うと、直後の短期記憶力は16~22%、空間認知力は10~26%増加します。1ヶ月継続すると、記憶力が12~36%増加することが心理実験で証明されています。

暗算と黙読は通勤電車の中や会社内、図書館など場所を選ばずに実践することができるので、是非試してくださいね!

 - ライフハック

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

会社の昼休みを一人で楽しむ!おすすめの過ごし方

会社の昼休みが一番退屈な時間だと感じませんか? 休み時間中だから仕事をする気にも …

風呂の浴室に虫が湧いた時の対処法とは?チョウバエをカビキラーで撃退

皆さんはお風呂の浴室に小さな虫が数匹湧いていた経験はありませんか? 小さくて動き …

ネットで誹謗中傷 煽られた時の対策方法

こんにちは、沸点の低い男、ナノハです。 SNSの発達により世界中の人々と簡単に意 …

頭の圧迫感の原因はストレスだった話

仰向けで寝るときに、後頭部に痛みのない圧迫感を感じていました。しばらくその症状が …

汗かきな男の汗対策の方法について

こんにちは、汗かき男ことナノハです。 私は5月頃から汗をかいてしまう体質です。そ …

タオルを煮沸消毒する方法を伝授!鍋の温度と時間が重要

長年同じタオルを使うと気になってくるのが臭いです。何度洗濯しても取れないから諦め …

集中力が上がる!仕事や勉強の直前に行う脳トレ法

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

Copyright© 精選ナノ通信 , 2015 All Rights Reserved.