精選ナノ通信

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

太宰府天満宮の梅の開花情報と交通手段について

  更新日:2015/03/07   イベント

毎年2月上旬~3月上旬が太宰府天満宮の梅の見頃です。日本有数の梅の名所といわれており、毎年多くの方が梅を見に訪れることと思います。花見や花祭り全般にいえることですが、観梅をする際に、その地の歴史やお話を知っていると、より楽しくなるものです。

そこで、太宰府天満宮の歴史や行事、交通情報についてご紹介します。


スポンサード リンク

太宰府天満宮について

天神さま(菅原道真公)が祭られている神社で、全国約12,000社ある天神さまをお祭りする社の総本宮です。道真は幼少期より学問の才能があり、優れた学者・文人として活躍したことから、「学問・至誠・厄除けの神様」として信仰されるようになりました。今では、受験合格・就職成就祈願の多くの参拝者が足を運んでいます。

梅の名所

境内は約200種、約6,000本の梅が咲いており、まさに梅の名所となっています。特に、神木として知られている飛梅(とびうめ)は見物です。飛梅について詳しく知りたい方は、こちらの『飛梅伝説』をご覧ください。

photo credit: DSC00982 via photopin (license)

photo credit: DSC00982 via photopin (license)

梅の満開の時期については太宰府天満宮の公式HPの『お知らせ』から知ることができます。御神木の飛梅の開花情報も掲載されていますので、見頃を逃さないようにしましょう。毎年2月下旬が見頃ですが、気候により変動しますので、詳しく知りたい場合は太宰府天満宮にお問い合わせをすると良いでしょう。

太宰府天満宮お問い合わせ番号 TEL:092-922-8225 (9時~17時)

また、3月下旬~4月中旬には桜が約500本も咲き誇り、隠れた名所として知られています。

お祭り・行事

観梅の時期にいくつかの行事があります。

2月上旬:節分厄除祈願大祭、梅まつり俳句大会
2月中旬:紀元祭、祈念祭
2月下旬:梅花祭、池坊献華祭、梅まつり短歌大会、門前まつり、梅まつり川柳大会

この中でおすすめな行事は3つ。節分厄除祈願大祭、池坊献華祭、門前まつりです。

梅花祭は天神さまのご命日であり、ご縁の深い重要な日です。池坊献華祭では、子供達が西鉄太宰府駅前から本殿まで行進をし、「献花の儀」が執り行われます。門前祭りでは、太宰府観光協会が主催のもと、地元のお土産や食べ物の出店が立ち並び、和気藹々としています。

交通情報

合格祈願の受験生と合格者のお礼参りが集中するため、1月~3月土日祝日は混雑しています。ちょうと観梅の時期と被っていますね。自家用車で向かう場合は、太宰府駐車センターの駐車場を利用することになります。下記に詳細を載せておきますね。

太宰府駐車センター
住所:〒818-0117
福岡県太宰府市宰府1丁目12-8

TEL:092-924-2843(9時~17時)

駐車料金
軽・普通車:1回500円
マイクロ:1回1300円
大型バス:1回2000円

営業時間:8時~18時
定休日:無休
収容台数:834台

備考
決済方法は現金のみ、トイレあり

太宰府天満宮の開門時間は6時30分、閉門時間は19時です。お参りの方法などの質問は『よくあるご質問』ページに載っていますので、ご活用ください。

ちなみに、自家用車だと渋滞に巻き込まれる可能性もあるので、できれば電車で西鉄電車西鉄太宰府線を利用しましょう。西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分で着きます。

福岡空港からのアクセス方法やより詳しい電車・自家用車での所要時間などは太宰府天満宮公式サイトの『アクセス』をご覧ください。出発駅と到着駅と出発日時を入力するだけで、あっという間に所要時間などが分かりますので超便利です。

見どころコース

オススメは天開稲荷社と自然を満喫できるコースです。

太宰府天満宮を楽しむポイントはズバリ四季折々の自然です。太宰府天満宮の入り口で地図を受け取ったら、まずは正面に御神牛の像がありますので、そこを左に曲がって太鼓橋を渡り本殿を目指しましょう。

本殿のすぐ手前には飛梅が咲いており、芳しい香りを放っています。存分に堪能したら、続いて中島神社へ向かいます。そこから夫婦樟方面へ向かい、太宰府天満宮の外周を歩くような感じで天開稲荷社まで歩きましょう。

道中は大自然に囲まれています。美しい自然の中に溶け込む稲荷社の赤い鳥居に見入ってしまうことでしょう。

そのまま大自然の森を一周するように歩いて、本殿近くまで戻ってきましょう。所要時間は50~60分くらいです。たっぷりと太宰府天満宮の自然を堪能できるのでおすすめです。

もし、体力とお時間があるようなら、動く歩道トンネルを渡って九州国立博物館も見学しましょう。

あなたにとって素敵な観梅になることを祈っています。

 - イベント

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

原宿のアイスクリーム博覧会の開催期間はいつまで?入場料と時間も紹介

アイスクリーム博覧会(あいぱく) 2015がラフォーレミュージアム原宿で開催され …

Superflyの大阪フリーライブの日程と整理券配布時間をチェック!

Superflyがニューアルバム「WHITE」の発売を記念して、5月30日に初の …

USJ妖怪ウォッチ・ザ・リアルのオープン期間はいつまで?広さ・面積は

レベルファイブは、2015年4月7日、東京ドームシティホールにて新作発表会「LE …

南京町春節祭の見どころは?安い駐車場と交通アクセス情報も

南京町の4大イベントの1つ、「南京町春節祭」!良い香りが漂う屋台が並び、獅子舞や …

GW2015は東京スイーツ巡り!一人や友人と行くおすすめデザート達

2015年のゴールデンウィーク(GW)はお決まりですか? アミューズメント施設で …

東京タワーライトアップ「天の川イルミネーション」の混雑時間と期間は?【2015七夕】

東京タワーの恒例行事となっている「天の川イルミネーション」がついに開催!展望台や …

吹田市立スタジアムの座席収容人数は?広さと駐車場・最寄駅まとめ

ガンバ大阪のホームスタジアムとして使用する予定の「吹田市立スタジアム(仮称)」を …

オービィ大阪(OrbiOsaka)オープンいつ?広さや駐車場料金まとめ

セガとBBCワールドワイドが共同で開発した”大自然体感型エンターテイ …

ニフレル大阪のオープンはいつ?面積広さと入場料・アクセス情報まとめ

水族館、動物園、美術館が融合を果たした”生きているミュージアム&#8 …

泳げ鯉のぼり相模川2015の鯉は何匹いるの?駐車場と渋滞・混雑情報を紹介

神奈川県相模川の河川敷で、端午の節句の時期に「泳げ鯉のぼり相模川」と呼ばれるイベ …

太宰府天満宮の梅の開花情報と交通手段について

生活の知恵、スポーツ、食べ物、祭事ネタを取り扱っているブログです

Copyright© 精選ナノ通信 , 2015 All Rights Reserved.